HOME > 過去の演題・講師一例

過去の演題一例

製剤開発
●DDS研究の現状と将来展望
●ナノテクロノジーの現状と創薬への応用
●機能性微粒子を含む口腔内崩壊錠 ~設計から製品化まで~
●医療用経口配合剤の開発と製剤設計
●公衆衛生ソリューションに向けたワクチン事業展開について
●がん領域DDSについて ~ナノ粒子製剤の臨床応用例を中心に~
●フェントステープ®の開発
●アクトスOD錠®の製剤設計
●医療用経口配合剤の製剤開発-オルメサルタン配合剤の製剤開発-
●固定用量配合剤の生物学的同等性を達成する為の方策と課題
●デクスラントカプセルの製剤設計-Dual Delayed Release (DDR™)製剤の開発について
●鶏用ウイルスベクターワクチンの開発
●マトリックス型徐放性微粒子の処方設計
●難水溶性化合物の経口吸収改善を目的とした過飽和製剤における
 薬物沈殿抑制剤の使用について
●グッドデザイン賞を受賞した口腔内崩壊錠技術(RACTAB®)
●高分子ミセル型ナノ医薬品の研究開発
●経口ドラックデリバリー: 製剤開発を成功に導く溶解性&溶解速度、
 経口吸収および限界克服のためのアプローチ
●ペプチドおよびタンパクの治療的デリバリー:課題および機会の検討
●siRNAデリバリーナノ粒子の多面的な特性評価

製剤工場・工場運営・エンジニアリング等
●医薬品製剤製造工場の設計コンセプト展開とその事例紹介
●経口固形製剤開発のための多目的施設-ある課題に対する設計戦略
●高薬理活性物のコンテインメント対応 固形製剤工場の建設
●バイオ医薬品製造のトレンド:長期的に実行可能な製造の解決策について
●味の素グループの粉じん爆発安全対策の取り組みと耐爆装置についての日本での最新動向
●品質と安定供給を保証する製剤設備の設計
 ~エーザイ・ナレッジセンター(インド・ビシャカパトナム)の事例から~
●オペレーショナルエクセレンスへの旅 -過去・現在・未来-
●最高品質(欧米)を最低価格で実現する
 ジェネリック医薬品製造のための最新設備と技術
●高生理活性医薬品製造における最新封じ込め技術
●経口固形製剤の製造に適した複合型コンテインメント技術
●新しい錠剤の連続製造プロセス:インラインPATおよび自動制御システムとの統合
●高度封じ込め技術を有する固形製剤工場のオペレーション管理
●可搬式小規模モジュールによる連続製造:エンジニアリングとコントロールストラテジー

品質保証
●継続的医薬品品質管理を実現するために必要なこと
 -医薬品開発段階から商用生産時におけるPATの有効活用およびその課題点-
●製剤総則改正の概要およびそのインパクトについて
●PATを適用したプロセスの構築に向けて -製品の高度な品質保証の実現を目指して-
●流動層造粒法を用いたデザインスペースの構築例
●品質保証における革新: 規制の変化
●PIC/S加盟への課題と対応
●我が国のPIC/S加盟とこれからの課題
●PATの基盤研究開発と実生産への応用
●ICH Q8を志向した経口固形製剤の製造工程開発における新規の多変量統計的アプローチ
●PIC/Sの動向とGMPの活動
●武田薬品におけるQuality Knowledge Transferの取り組み

製剤技術
●固形製剤プロセスの技術伝承と展望ー造粒・打錠・コーティングの真髄ー
●高剪断流体処理技術Microfluidizer: ワクチンの生産と連続式ナノ晶析技術
●固形製剤の連続製造 - 研究開発の展望
●交叉汚染のリスク管理
●製剤技術ハイレベル・コンテインメントの応用: 新展開とトレンドについて
●ラマン分光法及びテラヘルツ分光法の製剤コーティングへの応用
●製剤技術高速攪拌造粒におけるスケールアップと錠剤の溶出性
●原料粉末から錠剤へ- プロセスの連続化とPATの活用
●錠剤製造に於ける原料のロット間のばらつきとスケールアップを考慮したプロセスの最適化
●製薬業界における連続製造-技術的課題とレギュラトリー対応
●バイオ医薬品製造における最新の動向について-特に治験薬を中心に-
●水分変化の数理モデルを用いた包装設計
●トップダウン技術によるナノ粒子製造へのアプローチ
●QbDと連続生産のためのPATの重要性に関する展望
●抗がん剤OD錠の開発におけるコンセプトと製剤技術
●ジェネリック医薬品の高付加価値製剤の開発
 素錠へのレーザ印刷技術の確立とシロスタゾールOD錠の開発
●二層錠の欠陥に関する機械的理解
●安定生産への貢献-QbDによる製剤開発とPATの適用による高度品質保証-
●PATの有効活用がもたらす医薬品製剤開発ならびに医薬品製造の変革と展望

業界情報・企業戦略
●医薬品産業の将来と工場イノベーション
●インドの製薬会社の世界的成長:現状と将来の動向
●グローバル視点から見た製薬業 ~安価な薬剤が求められる~
●業界情報・企業戦略ついに日本もジェネリック医薬品時代を迎えるか?
●製薬業界の動向 ― 更なる躍進への原動力
●オープンイノベーションによる医薬品産業の活性化
●成長とは?
●テバ製薬のジェネリック医薬品開発
●LCM製剤戦略の潮流
●新薬メーカーのジェネリック戦略
 -Business Strategy of Generic Drugs  on R&D Oriented Pharmaceutical Company
●グローバル製薬業界の展望: 重要トレンドと予測
●グローバル製薬企業の成長戦略


 

過去の日本人講師一例

竹中 登一 氏   アステラス製薬株式会社 前代表取締役会長

        京都大学大学院医学研究科 特任教授
        財団法人ヒューマンサイエンス振興財団 会長
野木森 雅郁 氏  アステラス製薬株式会社 代表取締役会長
吉田 高之 氏  アステラス製薬株式会社 製剤研究所 剤形研究室
百瀬 亘 氏   アステラス製薬株式会社 製剤研究所経口剤工業化研究室 研究員
松村 正純 氏  Amgen Inc. Director, Process and Product Development
中田 真輔 氏   味の素株式会社 イノベーション研究所 プロセスエンジニアリンググループ 

        日本粉体工業技術協会 粉じん爆発委員
櫻井  信豪 氏  独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 品質管理部長
上田 博文 氏  独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 品質管理部 調査役
薮木 真美 氏  独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 品質管理部 主任専門員
加藤 晃良 氏  エーザイ株式会社 製剤研究所推進室 主幹研究員
大脇 孝行 氏  エーザイ株式会社 CEOオフィスCJ部 技術センター長
岩本 太郎 氏  大塚製薬株式会社 代表取締役社長
澤 英治 氏  協和発酵キリン株式会社 生産本部 バイオ生産技術研究所 主任
橋田 充 氏 京都大学大学院薬学研究科 教授
川西 徹 氏  国立医薬品食品衛生研究所 薬品部 部長
小出  達夫 氏  国立医薬品食品衛生研究所 薬品部 主管研究員
横浜 重晴 氏  沢井製薬株式会社 常務取締役 研究開発本部長
高橋 嘉輝 氏  沢井製薬株式会社 上席執行役員 生産本部副本部長 製剤技術センター長
片岡 隆博 氏  塩野義製薬株式会社 CMC開発研究所長 兼 品質評価研究部長
谷野 忠嗣 氏  塩野義製薬株式会社 生産技術本部CMC技術研究所
        製剤研究センター製剤研究センター長
六車 嘉貢 氏  塩野義製薬株式会社 CMC技術研究所 プロセス技術室 室長
増田 文男 氏  静岡県健康福祉部 薬務課 課長
石塚 憲三 氏  武田ヘルスケア株式会社 代表取締役社長
大森 真治 氏  武田薬品工業株式会社 ヘルスケアカンパニー 健康科学研究所 主席研究員
秋山 洋子 氏  武田薬品工業株式会社 製薬本部・製剤技術研究所 主席研究員
山原 弘 氏  田辺三菱製薬株式会社 CMC研究所 製剤研究部 主幹部員
土屋 裕弘 氏  田辺三菱製薬株式会社 取締役 副社長執行役員                           
草井 章 氏  第一三共株式会社 製剤技術研究所 上席研究員
矢田 修一 氏  第一三共株式会社 製剤技術研究所 固形剤研究第一グループ グループ長
中川 弘司 氏  第一三共株式会社 製剤技術研究所 固形剤研究グループ 専門研究員
大西  敬人 氏 大鵬薬品工業株式会社 製剤研究所副所長
加藤 政裕 氏  中外製薬工業株式会社 生産技術部 設備グループマネージャー
黒川 達夫 氏  千葉大学大学院薬学研究院 特任教授 (元 厚生労働省大臣官房審議官)
並木 徳之 氏  東京慈恵会医科大学付属第三病院 医療安全管理室
杉山 雄一 氏  東京大学大学院 薬学系研究科 医薬品評価科学講座 教授
岡田  弘晃 氏  東京薬科大学 名誉教授
寺田 勝英 氏  東邦大学 薬学部 教授
土井 脩 氏   財団法人日本公定書協会 専務理事
長井 省三 氏  日本製薬工業協会 知的財産部長 弁理士
秋元 浩 氏   日本製薬工業協会 知的財産顧問 (元武田薬品工業株式会社 常務取締役)
栄木 憲和 氏  バイエル薬品株式会社 会長
後藤 伸之 氏  名城大学薬学部医薬品情報研究室 教授

 

過去の外国人講師一例

Christine Martin, Ph.D Abbott GmbH & Co. KG
Sesshadri Neervannan, Ph.D Amgen, Inc.
Sampath Krishnan, Ph.D Amgen, Inc.
Sven Schreder, Ph.D Boehringer Ingelheim Pharma GmbH & Co. KG.
Prof. Dr. István Erta Budapest University of Technology and Economics
Chris Potter, Ph.D Consultant, Previously AstraZeneca
Richard Siwek, Ph.D FireEx Consultant Ltd.
Charles M.Edwards FDA-Pre-Approval Inspections, FDA National Drug Expert
Ajaz S. Hussain, Ph.D FDA (PQR/OPS/CDER)
Karoline Bechtold-Peters, Ph.D F. Hoffmann-La Roche Ltd.
Theodora Kourti, Ph.D GlaxoSmithKline
Gordon T. Murihead, Ph.D GlaxoSmithKline
Krishnan R. Tirunellai, Ph.D Health Canada
Prof. Peter Kleinebudde Heinrich-Heine-University Duesseldorf
Murray L. Aitken IMS Health
Samir Mehta, Ph.D Intas Pharmaceuticals Ltd.
Marc W. Abromovitz Johnson & Johnson
Weiguo Dai, Ph.D Johnson & Johnson
Xi-Yong Fu, Ph.D Merck & Co.
Sunny Panmai, Ph.D Merck Research Lab, Merck and Co.
Ashley Clark Merck Sharp & Dohme
Thomai “Mimi” Panagiotou, Ph.D Microfluidics International, Inc.
John S. Patton, Ph.D Nektar Therapeutics
Chris Watts, Ph.D NNE PharmaPlan / Former FDA
James Kowalski Novartis Pharamceuticals
Danielle Giron, Ph.D Novartis Pharamceuticals
Tom Sam, Ph.D Organon, part of Schering-Plough Corporation
Richard Green, Ph.D Pfizer Inc.
Roger Nosal, Ph.D Pfizer Inc.
Steve Hammond, Ph.D Pfizer Inc.
Metin Celik, Ph.D Pharmaceutical Technologies International, Inc.
Julian J. Wilkins PharmaConsult US, Inc.
Ajaz S. Hussain, Ph.D Philip Morris International / Former FDA
Jürgen Werani, Ph.D Schuh & Co. Complexity Management GmbH
Ali Afnan, Ph.D Step Change Pharma, Inc. / Former FDA
Gordon L Amidon, Ph.D The University of Michigan
Prof. Paolo Colombo The University of Parma
Prof. James W. McGinity The University of Texas at Austin
Prof. Peter York The University of Bradford, UK
Rohit Ramachandran Ph.D. Rutgers, The State University of New Jersey