HOME > 組織と運営

組織と運営

本会の運営体制は以下の通りです。

会長 運営委員から互選により選ばれる。その数は1名とする。任期は2年とする。
運営委員  設立時の運営委員は立候補に基づき選任され、会の運営にあたる。任期は2年とする。以降、必要に応じて追加・補充を行う事がある。運営委員の任命及び退任は運営委員会の承認を必要とする。
運営委員会

運営委員会は運営委員、事務局長をもって構成され、運営委員会は次の事項について決議する
1.運営委員およびアドバイザリーコミティ委員の選任及び解任
2.当年度の活動報告
3.次年度の活動計画
4.技術講演会及び製剤技術セミナーのプログラム
5.工場視察ツアー企画
6.その他
運営委員会は原則毎年12月に会長の招集のもと開催するほか、必要に応じて臨時運営委員会やアドバイザリーコミティを開催する。

アドバイザリーコミテイの委員 運営委員会からの委嘱により任命する。運営委員会の求めに応じ、講演会等の開催内容・プログラムの充実化のため、会議を開催し、業界動向やニーズを本会の企画に反映した提案を運営委員会に行う。任期は1年とする。
アドバイザリーコミテイ 講演会、セミナーや工場視察ツアー等の詳細なプログラムの検討を行い、運営委員会に提案を行う。
事務局  事務局長1名を置く。事務局長は事務局員を数人まで任命することができ、運営委員会の指示のもとに活動を行う。
事業年度 毎年1月1日に始まり、12月31日に終わる。


『新製剤技術とエンジニアリングを考える会』 運営委員/アドバイザリ-コミティ委員  ※2022年11月現在

 
名誉会長 川嶋 嘉明
愛知学院大学 特任教授/岐阜薬科大学 名誉教授
名誉委員 砂田 久一
名城大学 名誉教授 /株式会社龍角散 顧問
名誉委員 高嶋 武志
株式会社パウレック  相談役
会長
兼 アドバイザリーコミティ委員
竹内 洋文
岐阜薬科大学 名誉教授、特命教授
先進製薬プロセス工学研究室 特任教授
運営委員
兼 アドバイザリーコミティ委員
寺田 勝英
高崎健康福祉大学薬学部 学部長
運営委員
兼 アドバイザリーコミティ委員
米持 悦生
国際医療福祉大学 成田薬学部 学部長
運営委員
兼 アドバイザリーコミティ委員
宮島 誠
第一三共株式会社 製薬技術本部 製剤技術研究所長
運営委員
兼 アドバイザリーコミティ委員
福田 誠人
スペラファーマ株式会社 取締役
運営委員
兼 アドバイザリーコミティ委員
池松 康之
エーザイ株式会社 DHBL PPD ファーマシューティカルサイエンス&テクノロジー機能ユニット CMCレギュラトリー部 部長 グローバルヘッド
運営委員
兼 アドバイザリーコミティ委員
柳井 薫雄
武田薬品工業株式会社 ファーマシューティカルサイエンス シニアサイエンティフィックフェロー
アドバイザリーコミティ委員 無敵 幸二
Pfizer Global Supply Japan 生産技術センター 生産技術センター長
アドバイザリーコミティ委員 野沢 健児
沢井製薬株式会社 製剤研究部 部長
アドバイザリーコミティ委員 小島 宏行
アステラス製薬株式会社 CMCディベロップメント 製剤研究所長
運営委員兼事務局長 長谷川 浩司
株式会社パウレック 代表取締役社長